bookworm's digest

30歳一児のパパで、日記をずらずら書いていきます

記事一覧 ブログ内ランキング 本棚

2015/09/20 『孤独か、それに等しいもの』 / 大崎義生
2015/09/17 『今日を歩く』 / いがらしみきお
2015/09/16 『ケンブリッジ・クインテット』 / ジョン・L・キャスティ
2015/09/06 『裸でも生きる2』 / 山口絵理子
2015/09/02 『数学的にありえない(下)』 / アダム・ファウアー
2015/08/30 『だから日本はズレている』 / 古市憲寿
2015/08/28 『数学的にありえない(上)』 / アダム・ファウアー
2015/08/18 『僕は問題ありません』 / 宮崎夏次系
2015/08/16 『世界の終わりと夜明け前』 / 浅野いにお
2015/08/13 『ワイフ・プロジェクト』 / グラム・シムシオン
2015/08/13 『伊藤くんA to E』 / 柚木麻子
2015/07/30 『断片的なものの社会学』 / 岸政彦
2015/07/25 『雨のなまえ』 / 窪美澄
2015/07/22 『愛に乱暴』 / 吉田修一
2015/07/19 『ナイルパーチの女子会』 / 柚木麻子
2015/07/15 『ひらいて』 / 綿矢りさ
2015/07/13 『るきさん』 / 高田文子
2015/06/24 『装丁を語る。』 / 鈴木成一
2015/06/16 『春、戻る』 / 瀬尾まいこ
2015/06/13 『かわいそうだね?』 / 綿矢りさ
2015/06/12 『未来国家ブータン』 / 高野秀行
2015/06/09 『存在しない小説』 / いとうせいこう
2015/06/02 『帰ってきたヒトラー』 / ティムールヴェルメシュ
2015/05/31 『流転の魔女』 / 楊逸
2015/05/21 『火花』 / 又吉直樹
2015/05/19 『あと少し、もう少し』 / 瀬尾まいこ
2015/05/17 『上野先生、勝手に死なれちゃ困ります』 / 古市憲寿、上野千鶴子
2015/05/02 『切りとれ、あの祈る手を---〈本〉と〈革命〉をめぐる五つの夜話』 / 佐々木中
2015/04/26 『恋するソマリア』 / 高野秀行
2015/04/25 『アル中ワンダーランド』 / まんしゅうきつこ
2015/04/23 『レンタルお姉さん』 / 荒川龍
2015/04/17 『キャッチャー・イン・ザ・ライ』 / J.D.サリンジャー
2015/04/12 『しょうがの味は熱い』 / 綿矢りさ
2015/04/07 『ペナンブラ氏の24時間書店』 / ロビン・スローン
2015/03/26 『せいめいのはなし』 / 福岡伸一
2015/03/25 『やりたいことは二度寝だけ』 / 津村記久子
2015/03/21 『木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか(下)』 / 増田俊也
2015/03/14 『木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか(上)』 / 増田俊也
2015/03/06 『元職員』 / 吉田修一
2015/02/28 『黄金の少年、エメラルドの少女』 / Yiyun Li
2015/02/23 『太陽・惑星』 / 上田岳弘
2015/02/14 『迷宮』 / 中村文則
2015/02/11 『僕は君たちに武器を配りたい』 / 滝本哲史
2015/02/08 『斜光』 / 中村文則
2015/02/04 『この人たちについての14万字ちょっと』 / 重松清
2015/01/27 『名もなき孤児たちの墓』 / 中原昌也
2015/01/18 『満願』 / 米澤穂信
2015/01/15 直木賞
2015/01/15 『Hurt』 / Syrup16g
2015/01/14 『地下の鳩』 / 西加奈子
2015/01/10 『きょうのできごと』 / 柴崎友香
2015/01/05 『月と雷』 / 角田光代
2015/01/02 『カワイイ地獄』 / ヒキタクニオ
2014/12/31 『死んでも何も残さない』 / 中原昌也
2014/12/30  2014年ベスト
2014/12/18 『サラバ!下』 / 西加奈子
2014/12/13 『サラバ!上』 / 西加奈子
2014/12/12 『できそこないの男たち』 / 福岡伸一
2014/12/4 『ザ・万歩計』 / 万城目学
2014/12/1 『ぼくには数字が風景に見える』 / ダニエル・タメット
2014/11/25 『アズミ・ハルコは行方不明』 / 山内マリコ
2014/11/19 『勝手にふるえてろ』 / 綿矢りさ
2014/11/13 『ジャージの二人』 / 長嶋有
2014/11/6 『8740』 / 蒼井優
2014/11/5 『計画と無計画のあいだ』 / 三島邦弘
2014/10/31 『問いのない答え』 / 長嶋有
2014/10/29 『ジュージュー』 / よしもとばなな
2014/10/20 『Bon Voyage』 / 東京事変
2014/10/17 『女たちは二度遊ぶ』 / 吉田修一
2014/10/15 『カソウスキの行方』 / 津村記久子
2014/10/10 『69(シクスティナイン)』 / 村上龍
2014/10/3 『論理と感性は相反しない』 / 山崎ナオコーラ
2014/9/28 『最後の家族』 / 村上龍
2014/9/25 『グラスホッパー』 / 伊坂幸太郎
2014/9/23 『エヴリシング・フロウズ』 / 津村記久子
2014/9/13 『神様のケーキを頬ばるまで』 / 彩瀬まる
2014/8/23 『西加奈子と地元の本屋』 / 西加奈子・津村記久子
2014/8/10 『蘇る変態』 / 星野源
2014/8/4  『ジョゼと虎と魚たち』 / 田辺聖子
2014/7/31 『マイ仏教』 / みうらじゅん
2014/7/23 『オールラウンダー廻』 / 遠藤浩輝
2014/7/17 『ゴールデンスランバー』 / 伊坂幸太郎
2014/7/16 『百万円と苦虫女』 / タナダユキ
2014/7/8  『人生エロエロ』 / みうらじゅん
2014/6/28  駄文・本を読まない場合
2014/6/8  『平常心のレッスン』 / 小池龍之介
2014/6/5  『僕らのごはんは明日で待ってる』 / 瀬尾まいこ
2014/5/27 『泣き虫チエ子さん』 / 益田ミリ
2014/5/25 『動的平衡2 生命は自由になれるのか』 / 福岡伸一
2014/5/14 『春にして君を離れ』 / アガサ・クリスティー
2014/5/9  『統計学が最強の学問である』 / 西内啓
2014/5/1  『不格好経営』 / 南場智子
2014/4/27 『きみの友だち』 / 重松清
2014/4/22 『善き書店員』 / 木村俊介
2014/4/15 『人生オークション』 / 原田ひ香
2014/4/8  『疲れすぎて眠れぬ夜のために』 / 内田樹
2014/4/1  『戸村飯店 青春100連発』 / 瀬尾まいこ
2014/3/28 『完全なる証明』 / Masha Gessen
2014/3/22 『渾身』 / 川上健一
2014/3/16 『憂鬱でなければ、仕事じゃない』 / 見城徹、藤田晋
2014/3/12 『恋文の技術』 / 森見登美彦
2014/3/6  『国境の南、太陽の西』 / 村上春樹
2014/2/28 『動的平衡 生命はなぜそこに宿るのか』 / 福岡伸一
2014/2/23 『雪国』 / 川端康成
2014/2/17 『ロマンスドール』 / タナダユキ
2014/2/15 『それから』 / 夏目漱石
2014/2/11 『悩む力』 / 姜尚中
2014/2/5  『暗号解読<下>』(1) / Simon Lehna Singh
2014/1/31 『暗号解読<上>』 / Simon Lehna Singh
2014/1/26 『脳には妙なクセがある』 / 池谷裕二
2014/1/19 『何者』 / 朝井リョウ
2014/1/15 『ポースケ』 / 津村記久子
2014/1/13 駄文・2013年と2014年の読書について
2014/1/8  『×と○と罪と』 / RADWIMPS
2013/12/29  2013年ベスト
2013/12/23 『骨を彩る』 / 彩瀬まる
2013/12/18 『愛を振り込む』 / 蛭田亜紗子
2013/12/11 『あなたの前の彼女だって、むかしはヒョードルだのミルコだの言っていた筈だ』 / 菊池成孔
2013/12/4 『円卓』 / 西加奈子
2013/11/26 『暗い夜、星を数えて』 / 彩瀬まる
2013/11/24 『お父さん大好き』 / 山崎ナオコーラ
2013/11/16 『BEST2』 / TOMOVSKY
2013/11/10 『人のセックスを笑うな』 / 山崎ナオコーラ
2013/11/9 『困ってるひと』 / 大野更紗
2013/11/4 『ジ・エクストリーム・スキヤキ』 / 前田司郎
2013/11/3 『こころの処方箋』 / 河合隼雄
2013/10/27 『朗読者』 / Bernhard Schlink
2013/10/24  駄文・フーリエ変換について
2013/10/16 『ノーライフキング』 / いとうせいこう
2013/10/11 『東京百景』 / 又吉直樹
2013/10/7 『社会を変える驚きの数学』 / 合原一幸
2013/10/4 『楽園のカンヴァス』 / 原田マハ
2013/9/29 『ともだちがやってきた。』 / 糸井重里
2013/9/28 『若いぼくらにできること』 / 今井雅之
2013/9/21 『勝間さん、努力で幸せになりますか』 / 勝間和代 × 香山リカ
2013/9/17 『シャッター商店街と線量計』 / 大友良英
2013/9/8  『ハンサラン 愛する人びと』 / 深沢潮
2013/9/7  駄文・読書時間について
2013/8/31 『幻年時代』 / 坂口恭平
2013/8/26 『人間失格』 / 太宰治
2013/8/21 『天国旅行』 / 三浦しをん
2013/8/17 『野心のすすめ』 / 林真理子
2013/8/7  『フェルマーの最終定理』 / Simon Lehna Singh
2013/8/4  『本棚の本』 / Alex Johnson
2013/7/31 『これからお祈りにいきます』 / 津村記久子
2013/7/26 『明日死ぬかもしれない自分、そしてあなたたち』 / 山田詠美
2013/7/20 『殺戮にいたる病』 / 我孫子武丸
2013/7/15 駄文・どんでん返しミステリーについて
2013/7/15 『ツナグ』 / 辻村深月
2013/7/11 『岳物語』 / 椎名誠
2013/7/9  『黄金を抱いて翔べ』 / 高村薫
2013/7/2  『工場』 / 小山田浩子
2013/6/25 駄文・スマートフォンの功罪について
2013/6/22 『ぼくは勉強ができない』 / 山田詠美
2013/6/15 『少女は卒業しない』 / 朝井リョウ
2013/6/12 『死の壁』 / 養老孟司
2013/6/7  『卵の緒』 / 瀬尾まいこ
2013/6/6  『一億総ツッコミ時代』 / 槙田雄司
2013/5/28 『うたかた / サンクチュアリ』 / 吉本ばなな
2013/5/24 『ルック・バック・イン・アンガー』 / 樋口毅宏
2013/5/20 『クラウドクラスターを愛する方法』 / 窪美澄
2013/5/17 『けむたい後輩』 / 柚木麻子
2013/5/13 『あの人は蜘蛛を潰せない』 / 彩瀬まる
2013/5/10 駄文・本と精神について
2013/4/30 『想像ラジオ』 / いとうせいこう
2013/4/22 『あなたの中の異常心理』 / 岡田尊司
2013/4/10 『千年の祈り』 / Yiyun Li
2013/4/5  駄文・文学賞について
2013/3/31 『今夜、すべてのバーで』 / 中島らも
2013/3/22 『何もかも憂鬱な夜に』 / 中村文則
2013/3/13 『生物と無生物のあいだ』 / 福岡伸一
2013/3/10 駄文・紙と電子について
2013/3/2  『ウエストウイング』 / 津村記久子
2013/2/24 『ブッダにならう 苦しまない練習』 / 小池龍之介
2013/2/16 『みずうみ』 / よしもとばなな
2013/2/8  『何歳まで生きますか?』 / 前田隆弘
2013/2/3  『ワーカーズ・ダイジェスト』 / 津村記久子

工事中…

ブクログというサイトで読んだ本のログをつけています。
tacbonaldの本棚




2018/6/19 地震

日記でなく週報になってきた、、別に忙しさは前と変わってないのにこれは良くない。あーなんとかブログのペースを上げなきゃ。時間の使い方を考える、会社でよく学ぶPDCA(白い目)。

 

昨日の地震について書く。こうゆうのは残すべきと思う。

昨日は娘を保育園に預けたあと、三宮から電車に乗って六甲付近で地震に襲われた。格闘代理戦争を食い入るように観てたし、駅に着いた瞬間の揺れで地震は感じなかったが、とにかく爆音の緊急速報がみんなのスマホから鳴り出した時点でおかしいと感じ外へ。駅員が大声で「大阪で地震です!」と叫んでる雰囲気からジワジワと混乱が広がっていって、あぁこれはどうやらヤバいと感じ始め、即家族に電話して仕事先の奥さんと保育園の娘の無事を確認。駅構内には震えて立てない中年女性がいて、そこに付き添う若い女性が見えた。自分自身も怖いだろうに、ああゆう行動を即座に取れる人間はいるんだなぁって呑気なことを思った記憶がある。ツイッターを見るとどうやら震度6弱で、震源地が実家がある市と分かった時点で事態の大きさを知ってちょっと足がすくむ思いやった。幸い実家の母親と犬は問題なく、では次は自分はどうすりゃいいかと考え、おそらく今日は電車は動かんだろうと思い近くのミスドへ。至る所でスマホを開く人がいて、みんな大変だよな、不謹慎ながらもこれが災害ユートピアという一種の共同意識かと変なことを思った。

会社は電話が繋がらず不安に思ったが、どうやら繋がらないのは電話だけでメールに対しては課長から連絡が来た。その時点で俺周辺の確認作業は終わり、あとはひたすら地震の最新を追おうとツイッターをエンドレススクロール。そうこうしてる間に保育園から迎えにきてほしいと連絡あり、タクシーは当然捕まらないので、東南アジアのトゥクトゥクかよと思うくらい混み合ったバスに無理やり乗り込んでなんとか三宮にカムバックし娘をピックアップ。あとは家で過ごしたそんな月曜日でした。

 

今日会社に行くと、特に昨日の帰り道が大変だったようで、六甲で足止め食らった俺はある意味なんてラッキーやったんやと思った。喋ってて辛かったのは外国人社員とインターン生で、インドネシアやドイツにいる家族からは散々安否確認の連絡が来たらしい。実際彼らもこんなにも大きな地震を喰らうのは初めてで、どこが安全とか危険とか、日本人ですらキャッチアップが困難な最新情報を追えない状況はホンマに不安やと思う。逆の立場で家族がそんな状況にいたら、今すぐ帰って来いと航空券を予約してしまいそう。

 

こうやって何度も地震を経験しては背筋を正され、水や食料や避難ルートについて確認しては、しばらく時が経って日常に溶け込んで忘れそうになっては地震を経験し、、の繰り返しを経験してきた日本で、危機管理能力は高まったとは言え完璧じゃないよなと気付かされた1日やった。まだまだ余震或いは本震が待ってると思うと気持ちが暗くなるが、やるべきことをやるしかないよなぁ、命は自分で守らななぁという気持ちだけは持っている。

2018/6/11 舞台

毎週末、チャリで温泉に行く日々が定着してきた。風呂も入れてメシも食える、涼しくて気持ちいいので帰りに娘がチャリに乗りながら寝る、寝かしつけ不要という、メリットしかないことに気づいてしまった。昨日美容院で読んだ雑誌にも同じことが書いてあった。悪く言えば金で解決やけど、親が健全であることが何よりも大事。

 

西加奈子の『舞台』を読んだ。

 

舞台 (講談社文庫)

舞台 (講談社文庫)

 

 

繰り返される自意識との闘い、特に前半がサイコー!アメリカへ行った29歳の主人公は、太宰治の『人間失格』同様、人からどう見られるか、その意識を常に持って生きてきた性。いいことがあって浮かれてしまった刹那、「わざ、わざ、、(=わざと)」という声を己の中で発して、自分を抑えるという術が染み付いてるような男。つまり俺含め、大半の人間が持ってる共通の意識が描かれてる。究極なんが、アメリカ滞在1日目にして荷物を丸々スられた瞬間の主人公の対応で、大声で叫んだり追いかけたりすると周囲にダサいと思われるから、スられても笑顔でリラックスを装ってる。ほんでパスポートも盗られたから領事館にも行かなあかんのに、初日に盗られてダサいと領事館側に思われるのが嫌やから、2, 3日行かないという徹底ぷり。笑

これは文字に起こすと笑えるけど、自分に立ち返ってみると似たような現象ってまあたくさんある。例えば朝娘をチャリに乗せて保育園行くとき、毎朝慌ててるにも関わらず、誰に見られるわけでもなく「慌ててない父」を装って漕いでる。それを俺は別に恥ずかしいとは普段思ってへんけど、主人公に言わせたら「わざ、わざ、、」。後半、自意識が高まりすぎて精神おかしくなるけど、これだって誰にでも当てはまる。いつものことながら、西さんの描く普遍性てのは一貫しててカッコよかった。

 

2018/6/6 ドキュメンタル シーズン5

ドキュメンタル シーズン5を観終わった。めちゃめちゃ良かった。久々にちゃんとレビューしよう。

 

いきなり話は変わるが、毎週必ずAbemaのフリースタイルダンジョンを観てる。モンスターとして名ラッパーたちが、チャレンジャーとしてのラッパーの前に立ちはだかってラップバトルし、最後まで倒せば100万ゲトる分かりやすい構図。こうゆう勝ち上がり系番組は、まずモンスターの強さが抜きん出てることが大前提で、次々瞬殺されるチャレンジャーの何十人かに1人全面クリアできる勇者が現れる、みたいな展開が一番アガる。んで今モンスターに選ばれてるラッパーは名実共に揃った面々でそれはそれは強い。

だけどここ最近チャレンジャーが次々勝ってく場面が見られ、はっきり言って昔ほどの面白さがない。その原因はモンスターが弱くなったとかチャレンジャーが強くなったとかじゃなく、個人的には「見慣れた」、その一点に尽きると思ってる。どう転んでも、やっぱり出たての頃の新鮮さにはどうやったって勝てない。それは何事もそう。受け手側(つまり俺)の問題とは分かりつつも、見慣れたその光景をあの頃のようにキラキラした目で受け止められない。

 

前置きが続きましたがこれまでのドキュメンタルもそうで、毎回出場者もルールも変わってどんどんソリッドになっていく感はホントにすごいとは思うが、与えられた6時間の中で一番オモロイのはやっぱり全員が揃ってるはじめの1時間ほどで、一番オモンないのが人数が減った最後の1時間ほど。ネタも尽きるしどんどん見慣れてくしで、いつもエピソード1が一番オモロかったのがシーズン4まで。

 

 

が、が、今回は、ホンマに全てのエピソードがオモロかった!それは勿論毎度のことながら強力ラインナップな出場者たちの功績ですが、それでも毎度陥る尻すぼみ感に今回ならなかったのは、

 

(もうネタバレしてまいますが)ハリウッドザコシショウの圧倒的なオフェンスとディフェンス、それに尽きると思います。

 

とにかく強かったーーー。どのエピソードをとっても、ザコシが負けるイメージは全く湧かない。最後の方はどうやってザコシを倒すか、錚々たる芸人の面々がそれ一辺倒になってるのがホンマにコーフンしました。こうゆう企画は倒し倒されがオモロイと思ってたけど、ここまで強い芸人が1人いるという構図の方が余すことなくオモロくなるってのが発見でした。

 

無論、狩野英孝ロバート秋山かまいたち山内のオモロさも新鮮で、途中で負けるな負けるなと応援する気持ちも入った。それはドキュメンタルのいつもの面白さで、当然そこも楽しめました。

が、繰り返しますが圧倒的な人間がそこに1人いること、それが如何に大事か思い知ったシーズンやった。やから話は戻るけど、フリースタイルダンジョンだって譬え慣れが来ようが新鮮味を失おうが、それを優に飛び超す圧倒的な人間が1人出てきたら大分ちゃうんやろなと思った。みんな頑張れーー!

2018/6/4 一振りで蚊を2匹殺す

5月に我が家を襲ったジェノサイド(大量殺戮。全員体調不良でダウンした状態)は過ぎ去り、すっかり元気になった娘は有り余る体力を消費すべく家でも暴れまわっており、机や壁を粛々と痛めつけてる。子どもが生まれる前は考えられへんかったけど、今は娘が牛乳をこぼそうがクレヨンで汚そうが、やさしい気持ちで何もかも享受できるようになった。アレほど買うまいと心に誓ってたキャラ物グッズも、娘のご機嫌がなによりも優先な今、フツーにぬいぐるみとか買っちゃってて笑える。子どもを持つと、それまで持ってた価値観やプライオリティを丸々ひっくり返されるこの現象に名前をつけてほしい。

 

今年はONEキャンプとオトダマに行こうと思い、Spotifyで出場アーティストの曲を片っ端からプレイリストに突っ込んだ。ちょっと前まで片っ端から買うか借りるか、或いは予習なしだった時代を考えると、何て便利な世の中になったんやと震えてる。iPhone 7plusに買い換えてから1週間経つが、昨日奥さんのiPhone6を見て、「ちっせぇな」と思ってしまった。こうやって人間が着々と腐っていって、いつしかMDプレイヤーにシールを貼って喜んでたあの頃を忘れてく。あぁ、この現象にも名前をつけたい、、

 

最近仕事でドイツ人としょっちゅう喋る機会があるが、地球の反対でも共通の文化が意外とあってオモロい。例えば日本でいう一石二鳥は、ドイツで「一振りで蚊を2匹殺す」みたいなことわざがあるらしい。あと、海外の大学は日本と比べ卒業するのが圧倒的に難しいとよく言われてるけど、それは学部によって様々らしく、例えばコンピュータサイエンスの専攻はかなり簡単なので、日本の大学生のように遊び呆けてる奴が多いらしい。ドイツなんてベッカムくらいしか知らんかったし、メシがマズイとみんな言うからあんま興味なかったけど、いつか是非とも行ってみたい。

 

 

2018/6/2 ジェノサイド(下)

更新が1週間空いてしまった、、仕事がべらぼうに忙しかったというのを言い訳にして、今月からまた新たに頑張ろう、、

あ、スマホを変えてログインパスワード忘れてたってのもある。iPhone 7plusのSIMフリー、デカくて素晴らしい!新しいものはいつだってバッテリーの持ちが違う。あとタッチの感度!こうやって文字を打ってる速度も違う。他者から見たら俺はまるでクソつまんなさそうなパズルゲームを全力でやってる男に見えるだろう、それくらいの入力速度。

 

ジェノサイドの下巻を読んだ。

 

ジェノサイド 下 (角川文庫)

ジェノサイド 下 (角川文庫)

 

素晴らしい世界観。後半は更に規模が広がって、日本とアメリカとコンゴを行き来しながら、グワグワと話が収束していく様はすごい。特に圧巻は途中のコンゴでの戦争シーン。ある小学生の男の子が突如兵士として刈り取られ、実母を犯して殺せと命令され、臓器を喰わされ、殺戮マシンと化したのちに戦争で殺されるというムゴさ。ここまで書くと若干センセーショナルでやり過ぎ感あるけど、それでもかなりインパクト残った。あとがきにあるように、著者はコンゴ戦を描くにあたり徹底的に地理を調査して、主人公たちが脱出にかかる時間とかを緻密に計算してるそう。膨大な参考文献により練り上げられたエンタメ感はホント重厚やった。

ただ、全てがあまりにもうまくいくアメリカのアクション映画テイストな作りは、俺はやっぱりあんま肌に合わんと感じた。新人類の話とかは夢があって想像が膨らむから好みなんやけど、なんやろな、あと1秒遅れてたら死んでたぞ的な展開が次々に続くと若干胃もたれする。も少し現実的であってほしいと不毛なツッコミを入れたくなるリアリストな性格のせいやけど。

いやーでも凄かった。こうゆう小説もたまにはいい。次何読もかな。