bookworm's digest

30歳一児のパパで、日記をずらずら書いていきます

記事一覧 ブログ内ランキング 本棚

2015/09/20 『孤独か、それに等しいもの』 / 大崎義生
2015/09/17 『今日を歩く』 / いがらしみきお
2015/09/16 『ケンブリッジ・クインテット』 / ジョン・L・キャスティ
2015/09/06 『裸でも生きる2』 / 山口絵理子
2015/09/02 『数学的にありえない(下)』 / アダム・ファウアー
2015/08/30 『だから日本はズレている』 / 古市憲寿
2015/08/28 『数学的にありえない(上)』 / アダム・ファウアー
2015/08/18 『僕は問題ありません』 / 宮崎夏次系
2015/08/16 『世界の終わりと夜明け前』 / 浅野いにお
2015/08/13 『ワイフ・プロジェクト』 / グラム・シムシオン
2015/08/13 『伊藤くんA to E』 / 柚木麻子
2015/07/30 『断片的なものの社会学』 / 岸政彦
2015/07/25 『雨のなまえ』 / 窪美澄
2015/07/22 『愛に乱暴』 / 吉田修一
2015/07/19 『ナイルパーチの女子会』 / 柚木麻子
2015/07/15 『ひらいて』 / 綿矢りさ
2015/07/13 『るきさん』 / 高田文子
2015/06/24 『装丁を語る。』 / 鈴木成一
2015/06/16 『春、戻る』 / 瀬尾まいこ
2015/06/13 『かわいそうだね?』 / 綿矢りさ
2015/06/12 『未来国家ブータン』 / 高野秀行
2015/06/09 『存在しない小説』 / いとうせいこう
2015/06/02 『帰ってきたヒトラー』 / ティムールヴェルメシュ
2015/05/31 『流転の魔女』 / 楊逸
2015/05/21 『火花』 / 又吉直樹
2015/05/19 『あと少し、もう少し』 / 瀬尾まいこ
2015/05/17 『上野先生、勝手に死なれちゃ困ります』 / 古市憲寿、上野千鶴子
2015/05/02 『切りとれ、あの祈る手を---〈本〉と〈革命〉をめぐる五つの夜話』 / 佐々木中
2015/04/26 『恋するソマリア』 / 高野秀行
2015/04/25 『アル中ワンダーランド』 / まんしゅうきつこ
2015/04/23 『レンタルお姉さん』 / 荒川龍
2015/04/17 『キャッチャー・イン・ザ・ライ』 / J.D.サリンジャー
2015/04/12 『しょうがの味は熱い』 / 綿矢りさ
2015/04/07 『ペナンブラ氏の24時間書店』 / ロビン・スローン
2015/03/26 『せいめいのはなし』 / 福岡伸一
2015/03/25 『やりたいことは二度寝だけ』 / 津村記久子
2015/03/21 『木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか(下)』 / 増田俊也
2015/03/14 『木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか(上)』 / 増田俊也
2015/03/06 『元職員』 / 吉田修一
2015/02/28 『黄金の少年、エメラルドの少女』 / Yiyun Li
2015/02/23 『太陽・惑星』 / 上田岳弘
2015/02/14 『迷宮』 / 中村文則
2015/02/11 『僕は君たちに武器を配りたい』 / 滝本哲史
2015/02/08 『斜光』 / 中村文則
2015/02/04 『この人たちについての14万字ちょっと』 / 重松清
2015/01/27 『名もなき孤児たちの墓』 / 中原昌也
2015/01/18 『満願』 / 米澤穂信
2015/01/15 直木賞
2015/01/15 『Hurt』 / Syrup16g
2015/01/14 『地下の鳩』 / 西加奈子
2015/01/10 『きょうのできごと』 / 柴崎友香
2015/01/05 『月と雷』 / 角田光代
2015/01/02 『カワイイ地獄』 / ヒキタクニオ
2014/12/31 『死んでも何も残さない』 / 中原昌也
2014/12/30  2014年ベスト
2014/12/18 『サラバ!下』 / 西加奈子
2014/12/13 『サラバ!上』 / 西加奈子
2014/12/12 『できそこないの男たち』 / 福岡伸一
2014/12/4 『ザ・万歩計』 / 万城目学
2014/12/1 『ぼくには数字が風景に見える』 / ダニエル・タメット
2014/11/25 『アズミ・ハルコは行方不明』 / 山内マリコ
2014/11/19 『勝手にふるえてろ』 / 綿矢りさ
2014/11/13 『ジャージの二人』 / 長嶋有
2014/11/6 『8740』 / 蒼井優
2014/11/5 『計画と無計画のあいだ』 / 三島邦弘
2014/10/31 『問いのない答え』 / 長嶋有
2014/10/29 『ジュージュー』 / よしもとばなな
2014/10/20 『Bon Voyage』 / 東京事変
2014/10/17 『女たちは二度遊ぶ』 / 吉田修一
2014/10/15 『カソウスキの行方』 / 津村記久子
2014/10/10 『69(シクスティナイン)』 / 村上龍
2014/10/3 『論理と感性は相反しない』 / 山崎ナオコーラ
2014/9/28 『最後の家族』 / 村上龍
2014/9/25 『グラスホッパー』 / 伊坂幸太郎
2014/9/23 『エヴリシング・フロウズ』 / 津村記久子
2014/9/13 『神様のケーキを頬ばるまで』 / 彩瀬まる
2014/8/23 『西加奈子と地元の本屋』 / 西加奈子・津村記久子
2014/8/10 『蘇る変態』 / 星野源
2014/8/4  『ジョゼと虎と魚たち』 / 田辺聖子
2014/7/31 『マイ仏教』 / みうらじゅん
2014/7/23 『オールラウンダー廻』 / 遠藤浩輝
2014/7/17 『ゴールデンスランバー』 / 伊坂幸太郎
2014/7/16 『百万円と苦虫女』 / タナダユキ
2014/7/8  『人生エロエロ』 / みうらじゅん
2014/6/28  駄文・本を読まない場合
2014/6/8  『平常心のレッスン』 / 小池龍之介
2014/6/5  『僕らのごはんは明日で待ってる』 / 瀬尾まいこ
2014/5/27 『泣き虫チエ子さん』 / 益田ミリ
2014/5/25 『動的平衡2 生命は自由になれるのか』 / 福岡伸一
2014/5/14 『春にして君を離れ』 / アガサ・クリスティー
2014/5/9  『統計学が最強の学問である』 / 西内啓
2014/5/1  『不格好経営』 / 南場智子
2014/4/27 『きみの友だち』 / 重松清
2014/4/22 『善き書店員』 / 木村俊介
2014/4/15 『人生オークション』 / 原田ひ香
2014/4/8  『疲れすぎて眠れぬ夜のために』 / 内田樹
2014/4/1  『戸村飯店 青春100連発』 / 瀬尾まいこ
2014/3/28 『完全なる証明』 / Masha Gessen
2014/3/22 『渾身』 / 川上健一
2014/3/16 『憂鬱でなければ、仕事じゃない』 / 見城徹、藤田晋
2014/3/12 『恋文の技術』 / 森見登美彦
2014/3/6  『国境の南、太陽の西』 / 村上春樹
2014/2/28 『動的平衡 生命はなぜそこに宿るのか』 / 福岡伸一
2014/2/23 『雪国』 / 川端康成
2014/2/17 『ロマンスドール』 / タナダユキ
2014/2/15 『それから』 / 夏目漱石
2014/2/11 『悩む力』 / 姜尚中
2014/2/5  『暗号解読<下>』(1) / Simon Lehna Singh
2014/1/31 『暗号解読<上>』 / Simon Lehna Singh
2014/1/26 『脳には妙なクセがある』 / 池谷裕二
2014/1/19 『何者』 / 朝井リョウ
2014/1/15 『ポースケ』 / 津村記久子
2014/1/13 駄文・2013年と2014年の読書について
2014/1/8  『×と○と罪と』 / RADWIMPS
2013/12/29  2013年ベスト
2013/12/23 『骨を彩る』 / 彩瀬まる
2013/12/18 『愛を振り込む』 / 蛭田亜紗子
2013/12/11 『あなたの前の彼女だって、むかしはヒョードルだのミルコだの言っていた筈だ』 / 菊池成孔
2013/12/4 『円卓』 / 西加奈子
2013/11/26 『暗い夜、星を数えて』 / 彩瀬まる
2013/11/24 『お父さん大好き』 / 山崎ナオコーラ
2013/11/16 『BEST2』 / TOMOVSKY
2013/11/10 『人のセックスを笑うな』 / 山崎ナオコーラ
2013/11/9 『困ってるひと』 / 大野更紗
2013/11/4 『ジ・エクストリーム・スキヤキ』 / 前田司郎
2013/11/3 『こころの処方箋』 / 河合隼雄
2013/10/27 『朗読者』 / Bernhard Schlink
2013/10/24  駄文・フーリエ変換について
2013/10/16 『ノーライフキング』 / いとうせいこう
2013/10/11 『東京百景』 / 又吉直樹
2013/10/7 『社会を変える驚きの数学』 / 合原一幸
2013/10/4 『楽園のカンヴァス』 / 原田マハ
2013/9/29 『ともだちがやってきた。』 / 糸井重里
2013/9/28 『若いぼくらにできること』 / 今井雅之
2013/9/21 『勝間さん、努力で幸せになりますか』 / 勝間和代 × 香山リカ
2013/9/17 『シャッター商店街と線量計』 / 大友良英
2013/9/8  『ハンサラン 愛する人びと』 / 深沢潮
2013/9/7  駄文・読書時間について
2013/8/31 『幻年時代』 / 坂口恭平
2013/8/26 『人間失格』 / 太宰治
2013/8/21 『天国旅行』 / 三浦しをん
2013/8/17 『野心のすすめ』 / 林真理子
2013/8/7  『フェルマーの最終定理』 / Simon Lehna Singh
2013/8/4  『本棚の本』 / Alex Johnson
2013/7/31 『これからお祈りにいきます』 / 津村記久子
2013/7/26 『明日死ぬかもしれない自分、そしてあなたたち』 / 山田詠美
2013/7/20 『殺戮にいたる病』 / 我孫子武丸
2013/7/15 駄文・どんでん返しミステリーについて
2013/7/15 『ツナグ』 / 辻村深月
2013/7/11 『岳物語』 / 椎名誠
2013/7/9  『黄金を抱いて翔べ』 / 高村薫
2013/7/2  『工場』 / 小山田浩子
2013/6/25 駄文・スマートフォンの功罪について
2013/6/22 『ぼくは勉強ができない』 / 山田詠美
2013/6/15 『少女は卒業しない』 / 朝井リョウ
2013/6/12 『死の壁』 / 養老孟司
2013/6/7  『卵の緒』 / 瀬尾まいこ
2013/6/6  『一億総ツッコミ時代』 / 槙田雄司
2013/5/28 『うたかた / サンクチュアリ』 / 吉本ばなな
2013/5/24 『ルック・バック・イン・アンガー』 / 樋口毅宏
2013/5/20 『クラウドクラスターを愛する方法』 / 窪美澄
2013/5/17 『けむたい後輩』 / 柚木麻子
2013/5/13 『あの人は蜘蛛を潰せない』 / 彩瀬まる
2013/5/10 駄文・本と精神について
2013/4/30 『想像ラジオ』 / いとうせいこう
2013/4/22 『あなたの中の異常心理』 / 岡田尊司
2013/4/10 『千年の祈り』 / Yiyun Li
2013/4/5  駄文・文学賞について
2013/3/31 『今夜、すべてのバーで』 / 中島らも
2013/3/22 『何もかも憂鬱な夜に』 / 中村文則
2013/3/13 『生物と無生物のあいだ』 / 福岡伸一
2013/3/10 駄文・紙と電子について
2013/3/2  『ウエストウイング』 / 津村記久子
2013/2/24 『ブッダにならう 苦しまない練習』 / 小池龍之介
2013/2/16 『みずうみ』 / よしもとばなな
2013/2/8  『何歳まで生きますか?』 / 前田隆弘
2013/2/3  『ワーカーズ・ダイジェスト』 / 津村記久子

工事中…

ブクログというサイトで読んだ本のログをつけています。
tacbonaldの本棚




2018/4/24 ソーリー連発

昨日からドイツ人が配属された。勤勉で謙虚で、こちらの拙い英語も一生懸命聴いて理解しようとしてくれる、何とも貴い人で感動した。きっと日本人も他国から見れば、勤勉で謙虚てとこはおんなじように見えるんかもしれんけど、やっぱ英語の拙さでめっちゃ損してるんやろなと、この2日間ひたすら感じた。母国語じゃないから喋られへんてのは国内だけで通じる言い訳で、今回のドイツ人も英語は母国語じゃないし、他のイタリア人やインドネシア人も然り。日本人だけがウジウジ喋れず、ソーリー連発して気づけば世界から置いてけぼり、そんなおじさん的な憂いを帯びた2日間。てことでやっぱ英語の勉強はせなあかんとつくづく思う、、何からやり直せばいいのかしら。NHKラジオかしら。

 

こないだ賃貸を借り抑えしたが、「窓を開けると、そこは一面ラブホでした」という、一般的な子育て世代にはどう考えてもイレギュラーなその物件に奥さんが心から納得できなかった様で、残念ながら土日にキャンセルした。俺個人としては、ラブホって後ろめたさの権化みたいな建物なので出入りする男女は基本的に静かだし、騒音て意味では大通りと飲み屋に面する今の家の方がよっぽど劣悪環境と思うが、一方でラブホはプライバシーの塊ゆえ、凶悪犯とか潜んでる可能性もあるという考えが奥さんに過ったそう。そう言われると確かにそうか、、漫画喫茶とかもそうか。

まあ今の家にほぼ不満がないという面で、引っ越すメリットがそこまで大きくないというのもある。物件探しは細々続け、「ビビビ物件」が見つかれば検討することとする。

 

武田砂鉄さんの『紋切型社会』を読みはじめたが、ウイットに富んでてめっちゃオモロい。今電車で隣の人が握力鍛える器具みたいなんを右手で動かしててうるさい。武田さんに盛大にdisられてほしい。

2018/4/20 デカくてダサくてビックリ

来週からウチのグループに配属されるドイツ人の指導員になるという無茶な仕事があり、この1ヶ月ほど英語でUFCのインタビューとか聴いたりして耳を慣らそうと努力もしてきたけど、やぱ学生時代より明らかに退化してる自分の吸収力に悲しくなるだけやった。いや、研究内容に関することやったら昔より頭良くなってると思うが、それ以外のこと、言葉とか名前とかの記憶力や、パッと記憶を探って口に出す瞬発力みたいのは絶対落ちとる。体力も元々無いのに更に落ちとる。人間、25歳くらいからイロイロ落ちる一方やと昔サークルの先輩が言ってたけどどうやらホンマやわ。いつのまにかバイタリティのピークとか終わってたんやな、、

 

とか虚しい金曜の帰り道。奥さんが昨日電気屋で食洗機を見たらしく教えてくれた。写真見ると、デカくてダサくてビックリ!昔ばあちゃんちで見たやつから全く進化してへんやん!現代の共働き家族の3種の神器って「掃除ロボット」「乾燥機」「食洗機」らしいけど、こんなんやったら要らんわ!とボコボコにディスったのちふと奥さん見たら若干悲しそうやった。あ、ちょっと欲しかったのか、、すみません。うーんなんかもうちょいいい感じのやつないんかな!?

2018/4/18 ススメ共働家

スマホの液晶が本格的に剥がれてきたので文字入力の反応が鈍い。いい加減変えなあかん、、

最近これを読んだ。奥さんが読んでたブロガーの単行本。

 

ススメ⇒共働家(ともばたけ)

ススメ⇒共働家(ともばたけ)

 

 



考えてみれば素人ブロガーの本なんて初めて読んだが面白かった。てかブログをまとめたもんでなく完全書き下ろしというのだからすごい。著者は理系で働く2児の母で、嵐のような共働きの日々を綴りながら著者なりのノウハウを紹介したりしてる、これぞ芸能人とかじゃ何も響かない、こんなもんだよねみんな、と我々トーシロに勇気を与えてくれる本。まさに共働きが来月から始まらんとしてるウチには刺さりまくりの本でした。

途中、旦那さんのエッセイが2ページ✖️複数回挟まれてて、そこには結構奥さんへの不平不満も忌憚なく書かれてるのが面白い。着飾らず書いてる本って著者が著名になるほど希少に思うので、これも素人ブロガーのなせる技なんやなって思った。

あと、家事育児の要素を小分けにして、旦那と妻それぞれどっちが主担当かを表に起こしてるページがあったが、まさにウチの家族と全く同じ結果になって戦慄した。。これでも、これでも家事に仕事に育児に出来る限りの力を注いでるつもりやったけど、こうやって家のことのみで細分化してまうと、俺が如何にマルが少ないがありありと分かる。結局何枚の皿を洗い何枚の洗濯物を畳もうが、食や金や生活用品を管理するような見えにくい家事には到底勝てないのだ。俺がやってるのは建てた家の外壁にペンキを塗ってるだけで、家そのものを頑丈に作り上げてるのは奥様、そんな比喩が悲しいかなシックリくる。

他の家がどんな風に生活を作り上げてるのかってホントのところは分かりようがないが、こうやって赤裸々(に見える)本を読んで己との差異を知るということは大切と思う。

 

2018/4/16 転居・転職など

先週奥さんが目をつけた賃貸物件を土曜に見に行き、あれよあれよと昨日契約してしまった。いつだって物事が決まる瞬間てのはこんな感じ、、。

今度の家は風呂とリビングが狭くなり、部屋数が増えて庭が広がり、床や壁が白くなって、目の前の店が居酒屋からラブホに変わった。あと保育園にじゃっかん近くなった。ゴールデンウィークに引っ越す予定。別に今の家に決して満足してないわけじゃないからミスった場合後悔がデカイけど、それも含め賃貸家族のケツの軽さの為せる技というか、はっきり言ってアカンかったら一瞬で引っ越したろかなというモチベーションです。とにかく部屋数増えるんはデカい。限りなくソリッドなリビングにして、娯楽部屋はとことんフザけた部屋にしたい。あー楽しみ!

 

金曜終業後は初めてスカウト会社というものに会ってみた。技術系は特許や論文出してる関係上、勧誘の電話みたいのが不定期で来るものの大体が怪しく放置してたが、今回のとこは口コミ見る限りなかなかやり手らしく、試しで1回会ってみた。ほしたら予想通り、素晴らしい知識を持った方でめちゃめちゃ勉強なった。基本今の会社・業務の延長で、給与や福利厚生が少しだけ上位互換のいいとこ突いてくる求人票を何個か出してくれて、ハッキリいってどれも魅力的やった笑 ただ今は、給与面より勤務地と他業界に重きを置いてみてみたいと伝えると、別の担当者からまた情報お出ししますとまで言ってくれた。ゴリゴリ来ず、長い目で転職を考えられそうないい会社に出会えた。アクティブに転職するとなると娘が小学校に通い始めるあと5年やと思うが、それってちょうど35歳で、技術者的にもピークな気がする。うーんちゃんと考えねば、、

2018/4/12 住の充

娘が保育園にかなり慣れてきたらしく、送迎の瞬間だけ泣いて、あとはスッと切り替えて室内を自由にわがままに飛び回ってると保育士さん。素晴らしい、、!実際の仕事復帰は来月からの奥さん、娘の保育時間中に確保できる自分1人の時間を、友だちと旨いもん食って本読んでラジオ聴いて堪能しまくって元気そうでなにより。昨日は帰ったら新聞取り始めてた。飯食いながら久々紙面でのニュース眺めてたら(いや、ニュース見るのすら久々、、)、やっぱあんだけのスペースで、フォントとか変えながら見出しだけからでも記事のインパクトとか世の中の流れを作り出してるのすごい。スマホじゃできん。一番オモロかったのは神戸空港関空との政治的事情で国際線飛ばせへんという切ないニュース笑

 

あと賃貸物件を不動産のホームページで見るのが趣味な奥さんは、今の家から徒歩5分とこにいいの見つけたと今朝教えてくれた。なるほど確かにいい、、!今よりプラス2万5千円/月なり。むぅ、、けどこないだの日曜に高校の友達んち遊びに行った時、そこの社宅のあまりの「人を大量に、安く住まわせることを究極に突き詰めた感」が全面に出てる雰囲気に衝撃を受け、帰り道奥さんと言葉が出なかったのを覚えてる。都心では今新築3畳ワンルームの物件がバズってるというニュースもあった。

 

飯も全部外で食って台所も不要、家を寝るだけのスペースとして考えるやり方も勿論ある。やけど衣食「住」という生活の3分の1を充実させることが俺ら家族にとっては大事なことやとつくづく思う。あ、この言い方岸正彦さんが指摘してたやつやな、「一般的にこうあるべきとかじゃなく、自分はこう思う」て言うたほうがええってやつ。あくまで俺は、住の充実がええことやと思う。