bookworm's digest

33歳二児のエンジニアで、日記をずらずら書いていきます

記事一覧 ブログ内ランキング 本棚

2015/09/20 『孤独か、それに等しいもの』 / 大崎義生
2015/09/17 『今日を歩く』 / いがらしみきお
2015/09/16 『ケンブリッジ・クインテット』 / ジョン・L・キャスティ
2015/09/06 『裸でも生きる2』 / 山口絵理子
2015/09/02 『数学的にありえない(下)』 / アダム・ファウアー
2015/08/30 『だから日本はズレている』 / 古市憲寿
2015/08/28 『数学的にありえない(上)』 / アダム・ファウアー
2015/08/18 『僕は問題ありません』 / 宮崎夏次系
2015/08/16 『世界の終わりと夜明け前』 / 浅野いにお
2015/08/13 『ワイフ・プロジェクト』 / グラム・シムシオン
2015/08/13 『伊藤くんA to E』 / 柚木麻子
2015/07/30 『断片的なものの社会学』 / 岸政彦
2015/07/25 『雨のなまえ』 / 窪美澄
2015/07/22 『愛に乱暴』 / 吉田修一
2015/07/19 『ナイルパーチの女子会』 / 柚木麻子
2015/07/15 『ひらいて』 / 綿矢りさ
2015/07/13 『るきさん』 / 高田文子
2015/06/24 『装丁を語る。』 / 鈴木成一
2015/06/16 『春、戻る』 / 瀬尾まいこ
2015/06/13 『かわいそうだね?』 / 綿矢りさ
2015/06/12 『未来国家ブータン』 / 高野秀行
2015/06/09 『存在しない小説』 / いとうせいこう
2015/06/02 『帰ってきたヒトラー』 / ティムールヴェルメシュ
2015/05/31 『流転の魔女』 / 楊逸
2015/05/21 『火花』 / 又吉直樹
2015/05/19 『あと少し、もう少し』 / 瀬尾まいこ
2015/05/17 『上野先生、勝手に死なれちゃ困ります』 / 古市憲寿、上野千鶴子
2015/05/02 『切りとれ、あの祈る手を---〈本〉と〈革命〉をめぐる五つの夜話』 / 佐々木中
2015/04/26 『恋するソマリア』 / 高野秀行
2015/04/25 『アル中ワンダーランド』 / まんしゅうきつこ
2015/04/23 『レンタルお姉さん』 / 荒川龍
2015/04/17 『キャッチャー・イン・ザ・ライ』 / J.D.サリンジャー
2015/04/12 『しょうがの味は熱い』 / 綿矢りさ
2015/04/07 『ペナンブラ氏の24時間書店』 / ロビン・スローン
2015/03/26 『せいめいのはなし』 / 福岡伸一
2015/03/25 『やりたいことは二度寝だけ』 / 津村記久子
2015/03/21 『木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか(下)』 / 増田俊也
2015/03/14 『木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか(上)』 / 増田俊也
2015/03/06 『元職員』 / 吉田修一
2015/02/28 『黄金の少年、エメラルドの少女』 / Yiyun Li
2015/02/23 『太陽・惑星』 / 上田岳弘
2015/02/14 『迷宮』 / 中村文則
2015/02/11 『僕は君たちに武器を配りたい』 / 滝本哲史
2015/02/08 『斜光』 / 中村文則
2015/02/04 『この人たちについての14万字ちょっと』 / 重松清
2015/01/27 『名もなき孤児たちの墓』 / 中原昌也
2015/01/18 『満願』 / 米澤穂信
2015/01/15 直木賞
2015/01/15 『Hurt』 / Syrup16g
2015/01/14 『地下の鳩』 / 西加奈子
2015/01/10 『きょうのできごと』 / 柴崎友香
2015/01/05 『月と雷』 / 角田光代
2015/01/02 『カワイイ地獄』 / ヒキタクニオ
2014/12/31 『死んでも何も残さない』 / 中原昌也
2014/12/30  2014年ベスト
2014/12/18 『サラバ!下』 / 西加奈子
2014/12/13 『サラバ!上』 / 西加奈子
2014/12/12 『できそこないの男たち』 / 福岡伸一
2014/12/4 『ザ・万歩計』 / 万城目学
2014/12/1 『ぼくには数字が風景に見える』 / ダニエル・タメット
2014/11/25 『アズミ・ハルコは行方不明』 / 山内マリコ
2014/11/19 『勝手にふるえてろ』 / 綿矢りさ
2014/11/13 『ジャージの二人』 / 長嶋有
2014/11/6 『8740』 / 蒼井優
2014/11/5 『計画と無計画のあいだ』 / 三島邦弘
2014/10/31 『問いのない答え』 / 長嶋有
2014/10/29 『ジュージュー』 / よしもとばなな
2014/10/20 『Bon Voyage』 / 東京事変
2014/10/17 『女たちは二度遊ぶ』 / 吉田修一
2014/10/15 『カソウスキの行方』 / 津村記久子
2014/10/10 『69(シクスティナイン)』 / 村上龍
2014/10/3 『論理と感性は相反しない』 / 山崎ナオコーラ
2014/9/28 『最後の家族』 / 村上龍
2014/9/25 『グラスホッパー』 / 伊坂幸太郎
2014/9/23 『エヴリシング・フロウズ』 / 津村記久子
2014/9/13 『神様のケーキを頬ばるまで』 / 彩瀬まる
2014/8/23 『西加奈子と地元の本屋』 / 西加奈子・津村記久子
2014/8/10 『蘇る変態』 / 星野源
2014/8/4  『ジョゼと虎と魚たち』 / 田辺聖子
2014/7/31 『マイ仏教』 / みうらじゅん
2014/7/23 『オールラウンダー廻』 / 遠藤浩輝
2014/7/17 『ゴールデンスランバー』 / 伊坂幸太郎
2014/7/16 『百万円と苦虫女』 / タナダユキ
2014/7/8  『人生エロエロ』 / みうらじゅん
2014/6/28  駄文・本を読まない場合
2014/6/8  『平常心のレッスン』 / 小池龍之介
2014/6/5  『僕らのごはんは明日で待ってる』 / 瀬尾まいこ
2014/5/27 『泣き虫チエ子さん』 / 益田ミリ
2014/5/25 『動的平衡2 生命は自由になれるのか』 / 福岡伸一
2014/5/14 『春にして君を離れ』 / アガサ・クリスティー
2014/5/9  『統計学が最強の学問である』 / 西内啓
2014/5/1  『不格好経営』 / 南場智子
2014/4/27 『きみの友だち』 / 重松清
2014/4/22 『善き書店員』 / 木村俊介
2014/4/15 『人生オークション』 / 原田ひ香
2014/4/8  『疲れすぎて眠れぬ夜のために』 / 内田樹
2014/4/1  『戸村飯店 青春100連発』 / 瀬尾まいこ
2014/3/28 『完全なる証明』 / Masha Gessen
2014/3/22 『渾身』 / 川上健一
2014/3/16 『憂鬱でなければ、仕事じゃない』 / 見城徹、藤田晋
2014/3/12 『恋文の技術』 / 森見登美彦
2014/3/6  『国境の南、太陽の西』 / 村上春樹
2014/2/28 『動的平衡 生命はなぜそこに宿るのか』 / 福岡伸一
2014/2/23 『雪国』 / 川端康成
2014/2/17 『ロマンスドール』 / タナダユキ
2014/2/15 『それから』 / 夏目漱石
2014/2/11 『悩む力』 / 姜尚中
2014/2/5  『暗号解読<下>』(1) / Simon Lehna Singh
2014/1/31 『暗号解読<上>』 / Simon Lehna Singh
2014/1/26 『脳には妙なクセがある』 / 池谷裕二
2014/1/19 『何者』 / 朝井リョウ
2014/1/15 『ポースケ』 / 津村記久子
2014/1/13 駄文・2013年と2014年の読書について
2014/1/8  『×と○と罪と』 / RADWIMPS
2013/12/29  2013年ベスト
2013/12/23 『骨を彩る』 / 彩瀬まる
2013/12/18 『愛を振り込む』 / 蛭田亜紗子
2013/12/11 『あなたの前の彼女だって、むかしはヒョードルだのミルコだの言っていた筈だ』 / 菊池成孔
2013/12/4 『円卓』 / 西加奈子
2013/11/26 『暗い夜、星を数えて』 / 彩瀬まる
2013/11/24 『お父さん大好き』 / 山崎ナオコーラ
2013/11/16 『BEST2』 / TOMOVSKY
2013/11/10 『人のセックスを笑うな』 / 山崎ナオコーラ
2013/11/9 『困ってるひと』 / 大野更紗
2013/11/4 『ジ・エクストリーム・スキヤキ』 / 前田司郎
2013/11/3 『こころの処方箋』 / 河合隼雄
2013/10/27 『朗読者』 / Bernhard Schlink
2013/10/24  駄文・フーリエ変換について
2013/10/16 『ノーライフキング』 / いとうせいこう
2013/10/11 『東京百景』 / 又吉直樹
2013/10/7 『社会を変える驚きの数学』 / 合原一幸
2013/10/4 『楽園のカンヴァス』 / 原田マハ
2013/9/29 『ともだちがやってきた。』 / 糸井重里
2013/9/28 『若いぼくらにできること』 / 今井雅之
2013/9/21 『勝間さん、努力で幸せになりますか』 / 勝間和代 × 香山リカ
2013/9/17 『シャッター商店街と線量計』 / 大友良英
2013/9/8  『ハンサラン 愛する人びと』 / 深沢潮
2013/9/7  駄文・読書時間について
2013/8/31 『幻年時代』 / 坂口恭平
2013/8/26 『人間失格』 / 太宰治
2013/8/21 『天国旅行』 / 三浦しをん
2013/8/17 『野心のすすめ』 / 林真理子
2013/8/7  『フェルマーの最終定理』 / Simon Lehna Singh
2013/8/4  『本棚の本』 / Alex Johnson
2013/7/31 『これからお祈りにいきます』 / 津村記久子
2013/7/26 『明日死ぬかもしれない自分、そしてあなたたち』 / 山田詠美
2013/7/20 『殺戮にいたる病』 / 我孫子武丸
2013/7/15 駄文・どんでん返しミステリーについて
2013/7/15 『ツナグ』 / 辻村深月
2013/7/11 『岳物語』 / 椎名誠
2013/7/9  『黄金を抱いて翔べ』 / 高村薫
2013/7/2  『工場』 / 小山田浩子
2013/6/25 駄文・スマートフォンの功罪について
2013/6/22 『ぼくは勉強ができない』 / 山田詠美
2013/6/15 『少女は卒業しない』 / 朝井リョウ
2013/6/12 『死の壁』 / 養老孟司
2013/6/7  『卵の緒』 / 瀬尾まいこ
2013/6/6  『一億総ツッコミ時代』 / 槙田雄司
2013/5/28 『うたかた / サンクチュアリ』 / 吉本ばなな
2013/5/24 『ルック・バック・イン・アンガー』 / 樋口毅宏
2013/5/20 『クラウドクラスターを愛する方法』 / 窪美澄
2013/5/17 『けむたい後輩』 / 柚木麻子
2013/5/13 『あの人は蜘蛛を潰せない』 / 彩瀬まる
2013/5/10 駄文・本と精神について
2013/4/30 『想像ラジオ』 / いとうせいこう
2013/4/22 『あなたの中の異常心理』 / 岡田尊司
2013/4/10 『千年の祈り』 / Yiyun Li
2013/4/5  駄文・文学賞について
2013/3/31 『今夜、すべてのバーで』 / 中島らも
2013/3/22 『何もかも憂鬱な夜に』 / 中村文則
2013/3/13 『生物と無生物のあいだ』 / 福岡伸一
2013/3/10 駄文・紙と電子について
2013/3/2  『ウエストウイング』 / 津村記久子
2013/2/24 『ブッダにならう 苦しまない練習』 / 小池龍之介
2013/2/16 『みずうみ』 / よしもとばなな
2013/2/8  『何歳まで生きますか?』 / 前田隆弘
2013/2/3  『ワーカーズ・ダイジェスト』 / 津村記久子

工事中…

ブクログというサイトで読んだ本のログをつけています。
tacbonaldの本棚




ぼくをくるむ人生から、にげないでみた1年の記録

GW終了。9連休あったが近所の公園くらいしか出掛けず、ひたすら子どもと遊んで料理して本読んで勉強して過ごした。去年からうっすら感じてたがつくづくインドアやなと思う。旅行やアウトドアなかろうが全く困らないしむしろ落ち着いた時間の流れに酔ってる。何度も言うが、オリンピック辞めて今はひたすらにウチに篭り医療負担軽減を願う時間。

 

少年アヤさん著『ぼくをくるむ人生から、にげないでみた1年の記録』読了。読んでる最中も読んだ後も自分の中の優しさ成分を肥大化させてくれるような、見事な本でした。

 ゲイの著者にもみくんという彼氏ができ、初めての大恋愛にそれはもう大変に苦しみながらも、周囲の友人や家族に愛し愛され過ごした日々を綴ったエッセイ。セクシャルマイノリティが原因で過去にイジメられていた様子も伺える文章から、著者が幸せにすごく敏感で、割と序盤から幾度となく「幸せになればなるほど苦しい」という描写が出てくる。

例えばもみくんが仕事でラインを返せない2時間を永遠であるかのごとく捉えてしまい、1分1秒居ても立ってもいられなくなって「別れよう」と切り出してしまったり、

一週間のうち限られた時間しかもみくんと過ごせないという焦りから、デート前は何度もお腹を下し、いざデート中はずっとソワソワイライラしてしまい、デート後に自己嫌悪に苛まれるといった描写。

この純粋さを嘲笑することはできない。俺だってかつて親が死ぬことを勝手に想像していてもたってもいられなくなって爆泣きするような子ども時代があったことを覚えているし、誰しもが完全一致とまではいかずとも近しい感情を抱いたことはあるはず(なんたって今4歳の娘の純粋さと可塑性を目の当たりにして毎日感動しまくってる)。著者の文章はセクシャルマイノリティみたいな作られた区分を超えて、ただただ1人の純真無垢な人間がここにいますと訴えかけてくるような強い力を持ってる。

 

後半、もみくんを家族に紹介するに至るまでの葛藤もとても響いた。家族のうち父親だけは著者がゲイであることを拒絶するようなスタンスであり、そのことをどうしても分かってもらいたい著者。

ぼくがゲイであるということは、これまでの人生だし、これからの人生なのだ。死んだり、殺されたりするかもしれない、ぼくの人生なのだ。だから、パパが目をそらしているのは、ぼくの人生そのものだ。そこに詰まっている悲しみや痛みや愛や戦い、全てだ。

朝井リョウさんの『正欲』を読んだ時、マイノリティ側の登場人物が、マジョリティ側の「相互理解しましょう」的スタンスが最も疎ましいといった描写があり、俺はあの作品のせいでいい意味で価値観ぶっ壊れたが、本作でマイノリティ側の「理解して欲しいんだ」という叫びに触れることができて、ちょっと救われると同時に頭が痺れる感覚やった。そしてそれに対する父親からの言葉もちょっと泣きそうになった。いざ家族との顔合わせ当日、もみくんが体調を崩して予定がキャンセルとなった後に父親からきたメール

「これでいいんだ。うちんちが、こうやってひょいひょい東京にこれるってことが彼に伝わっただけで、今日は任務完了だ。またすぐ会いにいくよ。おだいじにな。」

著者アヤさんは当然のことながら、彼氏のもみくんや著者の妹、友人まゆちんといった個性的な登場人物は皆共通して涙が出るほど優しく、それは著者自身が誰よりも優しく純真無垢に生きてるから、それが周囲に伝播した結果だと窺える。とうに忘れたキラキラした珠のような心を思い出させてくれるような本、荒んだここニッポンにマスト!

 

 

「ほとんどない」ことにされている側から見た社会の話を。

小川たまかさん著『「ほとんどない」ことにされている側から見た社会の話を。』読了。恥ずかしながら著者ご本人を存じ上げなかったが、性暴力、痴漢被害、ジェンダー格差と、娘を持つ親の身として心が引き締まる内容でした。

取り上げる内容自体は『これからの男の子たちへ』と同じだが、本作は女性に向けたメッセージ。違和感を違和感で終わらせず声をあげよう、と心から訴えかけているのが文章からわかる。

タブーにせず、お茶を濁さずにもっと語らないといけない。「働きたいなんて女のわがまま」「浮気されたくなかったら床上手になれ」って発言が実際にあった。1つ1つは小さいけれど、無視できないムカつきだったのに、「そのくらい」って言われてしまいがちだ。こういう小さな出来事の1つ1つの向こうに「ジェンダー格差111位」があるんじゃないかと思うから、黙ってろと言われても黙りたくない。

著者が書いているように「フェミニズムを謳うのはブス」みたいな風潮はあると思うし、ハッとさせられたのはその言葉の裏に「美人はセクハラされて当たり前」といった風潮がセットとしてあるといった発言。確かにそう。なぜ正しいことを正しい、誤っていることを誤っていると発言する女性を疎ましく思う男性が一定層いるんやろか。急激にフェミニズムが目されるようになった時代で今俺は33歳で、こうやって必死に正しさのあり方を見直そうとしてるけど、小さい頃から植えつけられた古き悪しきジェンダー論は未だ俺の中に根付いていて、それを今更必死になって取り出す作業をしているが、どうか子どもたちが大人になった頃にはクリーンな人間が溢れる世の中であってほしいと願う。少なからず今よりはマシになってるだろうから置いてかれないように知識を得なきゃと思う。

スター

GW。どこにも行く予定もなく、というかどこも閉まっていて、近所や保育園の友だちと遊ぶ日々。遠くの親戚より近くの他人という言葉がより一層光る時代。子どもたちもGW待ってましたと言わんばかりに体調崩した。赤ちゃんって鼻噛めないのホンマ可哀そう、ずっとズヒズヒ言ってる。

 

『正欲』と入れ子になってしまったが朝井リョウさん『スター』読了。

スター

スター

 

『正欲』が黒版、『スター』が白版として朝井さん作家10周年記念で出版された小説。読後感で白と黒を分けたそうで、確かに本作は『正欲』に比べまだ抜け感があったが、個人的には価値観グワングワンにかき乱した挙句回収しないまま放置された『正欲』の方が好きだった。というかやはり出版された順に本作を先に読むべきやった?なんか本作で言われてることは、そのまま『正欲』でひっくり返すための壮大な前振りやったんかと錯覚するほど。それ程『正欲』の主張が強すぎて、ちょっと本作の登場人物たちがチープに見えた。

YouTubeと映画という、動画像という同じ表現方法を使っていても全く異なる製作のアプローチを対比させてるのは見事やった。結局大事なのは自分が良いと思ったものを信じ世に出すというプロセス、こう書くとなんか野暮ったいけど、そこに持っていくまでの登場人物たちのそれぞれの正義が光っててまさに『スター』という感じ。ちょうどこないだ『TENET』を観て、細部までのこだわりに感銘を受けたとこやったんもシンクロしてよかった。

あたらしい無職&保健室のアン・ウニョン先生

今日から緊急事態宣言。子どもと公園へ行ったらやっぱ駅前の人流がかなり変わってて。3度目で常態化してるとは言え効果はあるんやなと感じた。自転車の練習でヘトヘトになったあと子どもの帽子を買いにDOORSへ行くと、ビル丸ごと閉まってた。不要不急よね、、と思いながら帰ると途中のpatagoniaは開いてたんでキャップ購入。ただ店員さんが別のお客さんに「来週は閉まるかもしれないです〜」とボヤいてて、店ごとに多少揺らぎはあるもののやっぱどこも宣言対応を検討してる姿にやるせない気持ちになる。この方々の努力の末に舞い降りるのがオリンピックという捻れた世の中に反吐が出るが、今はとにかく周りの方達だけでも生きやすくなるよう感染者減れ・ワクチンくれと願う。

 

丹野未雪さん『あたらしい無職』、チョン・セランさん『保健室のアン・ウニョン先生』、いずれものめり込まないまま読了。朝井リョウさんの『正欲』読んで以降、ドラスティックモードになってる気がして申し訳ない。

あたらしい無職 (シリーズ3/4)

あたらしい無職 (シリーズ3/4)

 
保健室のアン・ウニョン先生 (チョン・セランの本 1)

保健室のアン・ウニョン先生 (チョン・セランの本 1)

 

『あたらしい無職』はタイトル・帯と内容が合ってないように思う。職についたりつかなかったりする著者の日常を描いただけのものなんで、ちょっと挑戦的な売り方に思う。チョン・セランは対談を読んで興味を持ったが本作はハマらず。とは言え評判の良い『アンダー、サンダー、テンダー』や『フィフティ・ピープル』がまだ待ってるのでこれだけでは無いと思いたい。もうすぐゴールデンウィーク、読書週間!

おしゃべりな人見知り

3回目の緊急事態宣言が出るが、本屋や美術館も休業要請対象と知り驚愕した。何を根拠にか少し調べても分からんかったが、「娯楽を取り締まってりゃ世の中に緊張感を与えられる」とかの考えで決まってそうな気もして悲しい。じゃあ何故、そうやって数々の皺寄せにより空いた大きな穴にオリンピックを通そうとするのか。マジで10年後20年後大局的にコロナ時代を振り返った時、年表の中に燦然と輝く「オリンピック」という違和感に、未来の子どもたちが諦念する世の中であってほしくない。

 

と、捻れた世の中に疑問を絶やせぬ中で、なんか日々仕事が忙しくバリバリと働く自分も虚しい。『おしゃべりな人見知り』、そんな毛羽立った心を癒すサイコーのエッセイでした。

奥さんが長年愛して止まない料理ブロガー・山本ゆりさんの何冊目かのエッセイ。レシピ本は何度もお世話になってるし、何度か勧められてブログも読んだが、こうやって1冊の本でガッツリ知れたのは初めて。いやーーーー笑いに次ぐ笑い。どこ切っても面白くサイコーやった。特にドーナツの会話、ホテルの朝食、知り合いへのお土産、勘違いのコメント集あたりは、電車で読んでたがマスク無かったら厳しかった(鼻で「フンッ」くらいでは笑ってたかも)。かつ後半、人生的なテーマで割とシリアス寄りな内容となるが、そこもイチイチ納得させられたし、既に小学生となり親離れした娘と、かつて自転車でたわいない話しながら保育園送り迎えしてたことを思い出すシーンは、正に日々保育園の帰り道で「マンションどーこだ?」とかクイズ出しながら自転車で2人で帰ってるんで、数年後の自分を提示されてるかのようでいろんな感情混ざってちょっと涙出た。

読んでる最中ずっと心が軽くなる感じ、これだから本は辞められない!とニンマリしてる中で緊急事態宣言の休業要請(繰り返し)