読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bookworm's digest

主に本についてのレビューや、、、その他

記事一覧 ブログ内ランキング 本棚

2015/09/20 『孤独か、それに等しいもの』 / 大崎義生
2015/09/17 『今日を歩く』 / いがらしみきお
2015/09/16 『ケンブリッジ・クインテット』 / ジョン・L・キャスティ
2015/09/06 『裸でも生きる2』 / 山口絵理子
2015/09/02 『数学的にありえない(下)』 / アダム・ファウアー
2015/08/30 『だから日本はズレている』 / 古市憲寿
2015/08/28 『数学的にありえない(上)』 / アダム・ファウアー
2015/08/18 『僕は問題ありません』 / 宮崎夏次系
2015/08/16 『世界の終わりと夜明け前』 / 浅野いにお
2015/08/13 『ワイフ・プロジェクト』 / グラム・シムシオン
2015/08/13 『伊藤くんA to E』 / 柚木麻子
2015/07/30 『断片的なものの社会学』 / 岸政彦
2015/07/25 『雨のなまえ』 / 窪美澄
2015/07/22 『愛に乱暴』 / 吉田修一
2015/07/19 『ナイルパーチの女子会』 / 柚木麻子
2015/07/15 『ひらいて』 / 綿矢りさ
2015/07/13 『るきさん』 / 高田文子
2015/06/24 『装丁を語る。』 / 鈴木成一
2015/06/16 『春、戻る』 / 瀬尾まいこ
2015/06/13 『かわいそうだね?』 / 綿矢りさ
2015/06/12 『未来国家ブータン』 / 高野秀行
2015/06/09 『存在しない小説』 / いとうせいこう
2015/06/02 『帰ってきたヒトラー』 / ティムールヴェルメシュ
2015/05/31 『流転の魔女』 / 楊逸
2015/05/21 『火花』 / 又吉直樹
2015/05/19 『あと少し、もう少し』 / 瀬尾まいこ
2015/05/17 『上野先生、勝手に死なれちゃ困ります』 / 古市憲寿、上野千鶴子
2015/05/02 『切りとれ、あの祈る手を---〈本〉と〈革命〉をめぐる五つの夜話』 / 佐々木中
2015/04/26 『恋するソマリア』 / 高野秀行
2015/04/25 『アル中ワンダーランド』 / まんしゅうきつこ
2015/04/23 『レンタルお姉さん』 / 荒川龍
2015/04/17 『キャッチャー・イン・ザ・ライ』 / J.D.サリンジャー
2015/04/12 『しょうがの味は熱い』 / 綿矢りさ
2015/04/07 『ペナンブラ氏の24時間書店』 / ロビン・スローン
2015/03/26 『せいめいのはなし』 / 福岡伸一
2015/03/25 『やりたいことは二度寝だけ』 / 津村記久子
2015/03/21 『木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか(下)』 / 増田俊也
2015/03/14 『木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか(上)』 / 増田俊也
2015/03/06 『元職員』 / 吉田修一
2015/02/28 『黄金の少年、エメラルドの少女』 / Yiyun Li
2015/02/23 『太陽・惑星』 / 上田岳弘
2015/02/14 『迷宮』 / 中村文則
2015/02/11 『僕は君たちに武器を配りたい』 / 滝本哲史
2015/02/08 『斜光』 / 中村文則
2015/02/04 『この人たちについての14万字ちょっと』 / 重松清
2015/01/27 『名もなき孤児たちの墓』 / 中原昌也
2015/01/18 『満願』 / 米澤穂信
2015/01/15 直木賞
2015/01/15 『Hurt』 / Syrup16g
2015/01/14 『地下の鳩』 / 西加奈子
2015/01/10 『きょうのできごと』 / 柴崎友香
2015/01/05 『月と雷』 / 角田光代
2015/01/02 『カワイイ地獄』 / ヒキタクニオ
2014/12/31 『死んでも何も残さない』 / 中原昌也
2014/12/30  2014年ベスト
2014/12/18 『サラバ!下』 / 西加奈子
2014/12/13 『サラバ!上』 / 西加奈子
2014/12/12 『できそこないの男たち』 / 福岡伸一
2014/12/4 『ザ・万歩計』 / 万城目学
2014/12/1 『ぼくには数字が風景に見える』 / ダニエル・タメット
2014/11/25 『アズミ・ハルコは行方不明』 / 山内マリコ
2014/11/19 『勝手にふるえてろ』 / 綿矢りさ
2014/11/13 『ジャージの二人』 / 長嶋有
2014/11/6 『8740』 / 蒼井優
2014/11/5 『計画と無計画のあいだ』 / 三島邦弘
2014/10/31 『問いのない答え』 / 長嶋有
2014/10/29 『ジュージュー』 / よしもとばなな
2014/10/20 『Bon Voyage』 / 東京事変
2014/10/17 『女たちは二度遊ぶ』 / 吉田修一
2014/10/15 『カソウスキの行方』 / 津村記久子
2014/10/10 『69(シクスティナイン)』 / 村上龍
2014/10/3 『論理と感性は相反しない』 / 山崎ナオコーラ
2014/9/28 『最後の家族』 / 村上龍
2014/9/25 『グラスホッパー』 / 伊坂幸太郎
2014/9/23 『エヴリシング・フロウズ』 / 津村記久子
2014/9/13 『神様のケーキを頬ばるまで』 / 彩瀬まる
2014/8/23 『西加奈子と地元の本屋』 / 西加奈子・津村記久子
2014/8/10 『蘇る変態』 / 星野源
2014/8/4  『ジョゼと虎と魚たち』 / 田辺聖子
2014/7/31 『マイ仏教』 / みうらじゅん
2014/7/23 『オールラウンダー廻』 / 遠藤浩輝
2014/7/17 『ゴールデンスランバー』 / 伊坂幸太郎
2014/7/16 『百万円と苦虫女』 / タナダユキ
2014/7/8  『人生エロエロ』 / みうらじゅん
2014/6/28  駄文・本を読まない場合
2014/6/8  『平常心のレッスン』 / 小池龍之介
2014/6/5  『僕らのごはんは明日で待ってる』 / 瀬尾まいこ
2014/5/27 『泣き虫チエ子さん』 / 益田ミリ
2014/5/25 『動的平衡2 生命は自由になれるのか』 / 福岡伸一
2014/5/14 『春にして君を離れ』 / アガサ・クリスティー
2014/5/9  『統計学が最強の学問である』 / 西内啓
2014/5/1  『不格好経営』 / 南場智子
2014/4/27 『きみの友だち』 / 重松清
2014/4/22 『善き書店員』 / 木村俊介
2014/4/15 『人生オークション』 / 原田ひ香
2014/4/8  『疲れすぎて眠れぬ夜のために』 / 内田樹
2014/4/1  『戸村飯店 青春100連発』 / 瀬尾まいこ
2014/3/28 『完全なる証明』 / Masha Gessen
2014/3/22 『渾身』 / 川上健一
2014/3/16 『憂鬱でなければ、仕事じゃない』 / 見城徹、藤田晋
2014/3/12 『恋文の技術』 / 森見登美彦
2014/3/6  『国境の南、太陽の西』 / 村上春樹
2014/2/28 『動的平衡 生命はなぜそこに宿るのか』 / 福岡伸一
2014/2/23 『雪国』 / 川端康成
2014/2/17 『ロマンスドール』 / タナダユキ
2014/2/15 『それから』 / 夏目漱石
2014/2/11 『悩む力』 / 姜尚中
2014/2/5  『暗号解読<下>』(1) / Simon Lehna Singh
2014/1/31 『暗号解読<上>』 / Simon Lehna Singh
2014/1/26 『脳には妙なクセがある』 / 池谷裕二
2014/1/19 『何者』 / 朝井リョウ
2014/1/15 『ポースケ』 / 津村記久子
2014/1/13 駄文・2013年と2014年の読書について
2014/1/8  『×と○と罪と』 / RADWIMPS
2013/12/29  2013年ベスト
2013/12/23 『骨を彩る』 / 彩瀬まる
2013/12/18 『愛を振り込む』 / 蛭田亜紗子
2013/12/11 『あなたの前の彼女だって、むかしはヒョードルだのミルコだの言っていた筈だ』 / 菊池成孔
2013/12/4 『円卓』 / 西加奈子
2013/11/26 『暗い夜、星を数えて』 / 彩瀬まる
2013/11/24 『お父さん大好き』 / 山崎ナオコーラ
2013/11/16 『BEST2』 / TOMOVSKY
2013/11/10 『人のセックスを笑うな』 / 山崎ナオコーラ
2013/11/9 『困ってるひと』 / 大野更紗
2013/11/4 『ジ・エクストリーム・スキヤキ』 / 前田司郎
2013/11/3 『こころの処方箋』 / 河合隼雄
2013/10/27 『朗読者』 / Bernhard Schlink
2013/10/24  駄文・フーリエ変換について
2013/10/16 『ノーライフキング』 / いとうせいこう
2013/10/11 『東京百景』 / 又吉直樹
2013/10/7 『社会を変える驚きの数学』 / 合原一幸
2013/10/4 『楽園のカンヴァス』 / 原田マハ
2013/9/29 『ともだちがやってきた。』 / 糸井重里
2013/9/28 『若いぼくらにできること』 / 今井雅之
2013/9/21 『勝間さん、努力で幸せになりますか』 / 勝間和代 × 香山リカ
2013/9/17 『シャッター商店街と線量計』 / 大友良英
2013/9/8  『ハンサラン 愛する人びと』 / 深沢潮
2013/9/7  駄文・読書時間について
2013/8/31 『幻年時代』 / 坂口恭平
2013/8/26 『人間失格』 / 太宰治
2013/8/21 『天国旅行』 / 三浦しをん
2013/8/17 『野心のすすめ』 / 林真理子
2013/8/7  『フェルマーの最終定理』 / Simon Lehna Singh
2013/8/4  『本棚の本』 / Alex Johnson
2013/7/31 『これからお祈りにいきます』 / 津村記久子
2013/7/26 『明日死ぬかもしれない自分、そしてあなたたち』 / 山田詠美
2013/7/20 『殺戮にいたる病』 / 我孫子武丸
2013/7/15 駄文・どんでん返しミステリーについて
2013/7/15 『ツナグ』 / 辻村深月
2013/7/11 『岳物語』 / 椎名誠
2013/7/9  『黄金を抱いて翔べ』 / 高村薫
2013/7/2  『工場』 / 小山田浩子
2013/6/25 駄文・スマートフォンの功罪について
2013/6/22 『ぼくは勉強ができない』 / 山田詠美
2013/6/15 『少女は卒業しない』 / 朝井リョウ
2013/6/12 『死の壁』 / 養老孟司
2013/6/7  『卵の緒』 / 瀬尾まいこ
2013/6/6  『一億総ツッコミ時代』 / 槙田雄司
2013/5/28 『うたかた / サンクチュアリ』 / 吉本ばなな
2013/5/24 『ルック・バック・イン・アンガー』 / 樋口毅宏
2013/5/20 『クラウドクラスターを愛する方法』 / 窪美澄
2013/5/17 『けむたい後輩』 / 柚木麻子
2013/5/13 『あの人は蜘蛛を潰せない』 / 彩瀬まる
2013/5/10 駄文・本と精神について
2013/4/30 『想像ラジオ』 / いとうせいこう
2013/4/22 『あなたの中の異常心理』 / 岡田尊司
2013/4/10 『千年の祈り』 / Yiyun Li
2013/4/5  駄文・文学賞について
2013/3/31 『今夜、すべてのバーで』 / 中島らも
2013/3/22 『何もかも憂鬱な夜に』 / 中村文則
2013/3/13 『生物と無生物のあいだ』 / 福岡伸一
2013/3/10 駄文・紙と電子について
2013/3/2  『ウエストウイング』 / 津村記久子
2013/2/24 『ブッダにならう 苦しまない練習』 / 小池龍之介
2013/2/16 『みずうみ』 / よしもとばなな
2013/2/8  『何歳まで生きますか?』 / 前田隆弘
2013/2/3  『ワーカーズ・ダイジェスト』 / 津村記久子

工事中…

ブクログというサイトで読んだ本のログをつけています。
tacbonaldの本棚




最後の家族

村上龍 95~100点

最後の家族

最後の家族

『最後の家族』 / 村上龍

★ × 97

内容(「BOOK」データベースより)
引きこもりを続け家族に暴力を振るう二十一歳の秀樹。援助交際で男と出会う女子高生の知美。若い男と不倫をする昭子。会社からリストラされる秀吉。過酷な現実にさらされ崩壊へと向かう内山家。一人ひとりはどうやって生き延びていくのか?家族について書かれた残酷で幸福な最後の物語。テレビドラマ化もされたベストセラー、ついに文庫化。


ひっさびさの村上龍
実は本好きの友人に『心はあなたのもとに』めっちゃいいですよと言われ貸してもらったものの、死んだ恋人の手記を読み返すという展開に疲れ、丁度その頃知的な読みもの体験がしたい謎の時期だったこともあり、途中でやめてしまいました。
こういった経緯もあり、『心~』を読み終えない限り次の村上ワークスに進められない、という縛りを感じていたのですが、何気なくこっちを読み始めたら止まらなくなったので、そのまま読み終えました。
すばらしく良かったです、今年一番かもしれません。


父秀吉、母昭子、息子秀樹、娘知美の4人家族がメイン。
息子秀樹が引きこもりで、秀吉と昭子に暴力を繰り返し、ドアの隙間に挟むメモで食事の要望などをやりとりしているという描写から物語は始まります。
母昭子は秀樹を助けたい一心で、精神科やカウンセリングに通い、引きこもりの母親としてどうすべきか救いの言葉を外に求める日々。
父秀吉はそんな家族を元通りにしたい気持ちはあるものの、不況で傾いた会社で家のローンや教育費の支払いのストレスが心の大部分を占め、昭子や秀樹の言葉に耳を傾けられない。
娘秀美は高校3年の受験生であるが、そんな3人の家族、というか自身を含めた4人の家族を最も俯瞰的に見ており、一見ギャルなのに根が物凄く良い女の子。
この小説はドラマ化されていますが、「あぁ、いかにもNHKスペシャルでありそうな、やりやすそうな設定だな」という構成で展開されていきます。

秀樹は普段、昼夜を逆転させ、壁一面に黒い紙を貼って外界と隔離された自分の部屋にこもっています。
ある日、秀吉に買ってもらった高価なカメラで、何気なく外の世界をのぞいていると、男が女を殴っている場面を目にしてしまいます。
それは隣に住む、柴山という夫婦間で起こっているDVでした。
これをきっかけに秀樹は法律を学ぶようになり、どうやったら柴山の奥さん(ユキ)を救うことが出来るか悩み、徐々に外の世界に目を向けるようになります。

一方で秀吉と秀樹との距離は遠のく一方で、ある日秀樹は口論の末、秀吉を2階から突き飛ばし大ケガをさせてしまいます。
秀吉は大事には至らなかったものの、昭子の提案で、しばらく家を離れホテルで住むことにします。
決して心の強くない秀樹は己を悔い、何とか父に、そして母に自分を認めてほしい、恥じないでほしいという気持ちが強くなり(*この辺はっきりとした描写は無いので、あくまで私の感じ取った部分です)、ユキを助けるために外に出ます。

という、一般的なヒューマンドラマが家族4人の視点から繰り広げられていきます。
1つ、構成として面白いのが、Aという場面を秀樹の視点から描いた後、再びAという場面を今度は秀吉、昭子、そして知美の視点から再描写していくところ。それが繰り返されるところ。
だから常に四者四様の気持ちを理解しながら読み進められ、「この時彼彼女はどういう感情だろう」という含みを一切持たさず、一つ一つ納得しながら読めるのが意外に良い。
この効果により、まるでもう一人の家族の一員であるかのように見守る体勢にいつの間にかなっていました。

んで、私が最も最も、もしかしたら今年の読書において最も響いたんじゃないかって感じたのが、文庫本でいうところの299 - 304頁、ユキを助けるために秀樹が向かった弁護士事務所の弁護士である内山という女性と秀樹の会話シーン。
著者村上龍さんの、本書での一番の主張と思われる場面です。


秀樹がユキを助けたいという思い、もう少し拡張すると、人が人を救いたいという一見善そのものであるその行為について、内山はこう述べます。

そういう風に思うのは、他人を支配したいという欲求があるからなんです。
そういう欲求がですね、ぼくがいなければ生きていけないくせに、あいつのあの態度はなんだ、という風に変わるのは時間の問題なんですよ。
他人を救いたいという欲求と、支配したいという欲求は、実は同じです。
そういう欲求を持つ人は、その人自身も深く傷ついている場合が多いんです。
そういう人は、相手を救うことで、救われようとします。
でも、その人自身が、心の深いところで、自分は救われるはずがないと思っている場合がほとんどなんです。
自分が救われることが無いという思いが、他人への依存に変わるんです。

これ、まあここだけ切り取るとあぁそうかというだけなんですが、本作での一連の流れ、例えば秀樹に対する昭子の対応だったり、秀樹が家族に対して感じていた申し訳ないという思いだったりが全て前振りや伏線となって、この内山の一言で全部浄化されるような構成になっているんです。
(そんな核の部分お前がバラすなよって話ですが…いや、ほんとに感動したんでどうしても)
特に秀樹の中で、母昭子の存在というのが実は最も支えになっていた、ということがこのすぐ後でわかるんです。
けれど昭子は秀樹に対し、何かをしてあげたとか、具体的な行為は実はなく、昭子は秀樹のそばで、ただ一生懸命自立して自身の人生を生きていた。
秀樹はそれを見て、知らず知らずに救われて殻を破ろうとしていたということに気づきます。

著者自身のあとがきにもありますが、よく映画や歌詞で頻出する「守ってあげたい」というテーマ、蔓延するその意味がどうもズレて捉えられている感のある世の中に疑問を呈し、これに対し村上さんの考え方を主張したいというのが本作の発端なのかなと思います。
私自身は言葉する能力はありませんが、その「ズレ」を見事に言葉に表してくれた、というのが感想です。
見事、もう見事でした!!

他の村上作品と違い暴力描写も性描写もかなり希釈されていますが、アブノーマルでない真正面の手法で描かれた村上作品もやっぱり素晴らしく、すいませんナメてましたという気持ちでいっぱいです。
本当に良い読書でした、全ての方にお勧めです。